エロペディア
「性具」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■SMプレイでの使用

プレイの一環として、これら器具を利用する場合には、SMプレイ自体が一種の演技的なものの上にあり、またその根底には愛情と信頼が欠かせない事にも絡み、相手を慮っての使用が不可欠である。(→SM (性風俗))

SMプレイでは恥辱プレイのような精神的な物と、鞭で叩いたり縛ったり蝋燭を垂らしたりといったものが知られているが、これらはいずれも安全性を配慮した関連製品が市販されている。

例えば蝋燭では融点を低く抑えた物があるなどしていて、むしろ視覚的な要素に配慮して、赤い色などをしていたりする物も多い。しかし裸火を扱う事から、余り近付けすぎると本当に火傷してしまうため、充分な高さから溶けた蝋のしずくを垂らす事が奨められているなど、一定の「正しい使い方」も見られる。取扱説明書がある場合にはよく読み、理解した上で使用するべきである。

また拘束具の項でも記述している通り、緊急時にすぐに拘束を解けるような配慮も欠かせない。一刻を争う急性疾患で出来るだけ早い医療機関への搬送が必要であるのに、「余りに恥ずかしい格好」のため119番通報が遅れてしまった例もある。

日本ではロープで縛る行為も人気だが、これらの縛り方も専門筋では「出来るだけ一本のロープで、結び目は必要最小限に」が鉄則となっていて、緊急時にはロープの一箇所を切るだけで、すぐさま全体が解けるようになっているという。専門の書籍やビデオ教材では安全な縛り方を扱ったものも見られるので、関心のある向きは徒(いたずら)に無闇に形だけを真似たりせず、それらを専門の資料を参考に、安全にプレイすることが推奨される。

精神的なプレイである「放置プレイ」でも同様である。緊急時にはすぐに救助できるよう、充分な配慮を心掛けなければならない。特に拘束したまま放置した場合には、静脈血栓塞栓症になる可能性もある。このような配慮が無いプレイは、単なる虐待に過ぎないと言える。


[4]前へ 
◆目次

性具とは
販売規制
歴史
女性向け
 ディルド([[張形]])
 肥後ずいき
 バイブレータ
 真空吸入具
男性向け
 オナホール
 ダッチワイフ・ラブドール
 前立腺刺激具
 コックバンド
 勃起補助ポンプ
男女両用
 ラブローション
 アナルグッズ
 うなぎ
 サック
 拘束具
 電気刺激具
 その他
使用上の注意
 電動器具の問題点
 使用に際しての注意
SMプレイでの使用

[5]▲上へ

◆関連ワード


矢口美里
密室の母と子
牧瀬めぐみ
水咲ありみ
池上ゆりこ
梶原エミリ
妊婦フェティシズム
KINGDOM_(AV監督)
ノーマルKIM
南沙也香

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp