エロペディア
「性器切断」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■去勢歌手(カストラート)になる目的での性器切断

カストラートは、中世ヨーロッパに普及した、変声期前の少年時代に去勢された男性歌手である。当時、教会内では女性が歌うことができなかったため、成人した男性歌手では出せないソプラノパートを担当する歌手として重用された。

1550年~1600年頃にローマから始まり、教会音楽からオペラにも進出した。1650年~1750年頃にヨーロッパ各地で最盛期を迎えるが、そのブームが過ぎ、カトリック教会の女性信徒の歌も解禁されるなどして、徐々に廃れ、19世紀半ばには時のローマ教皇の命により人道的見地から禁止された。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性器切断とは
概説
 俗的表現
本人の嗜好による性器切断
 SMとしての性器切断
 性欲抑制としての性器切断
宗教的目的での性器切断
 人身御供あるいは儀式としての性器切断
 宗教的教義にもとづく性器切断
 宗教的修行としての性器切断
罰としての性器切断
 正式な刑としての性器切断
 体罰としての性器切断
 私刑としての性器切断
職業のための性器切断
 宦官になる目的での性器切断
 去勢歌手(カストラート)になる目的での性器切断
 男娼となるためになる目的での性器切断
 従順な奴隷になる(する)目的での性器切断
戦争における性器切断
 戦争における捕虜の懲罰または奴隷化のための去勢
 戦功の証拠品としての性器切断
カニバリズムとしての性器切断
 食人を目的とした性器切断
 性器のみを食べることを目的とした性器切断
性転換を目的とした性器切断
 パートナーを女性化させるための性器切断
 性同一性障害としての性器切断
 女児希望としての性器切断
 児童の遊戯としての性器切断
外科的治療手段としての性器切断
 生殖器に発生した病変の治療のための性器切断
 割礼事故としての性器切断
 事故による治療としての性器切断
 半陰陽治療としての性器切断
 自傷行為における性器切断
性器切断刑に対する非難
除去のリスト
参考文献
テーマとしている文学

[5]▲上へ

◆関連ワード


騎乗位
矢崎茜
どんだけ〜
倉田和来
上原美紀
田崎由希
樹原まい
工藤ひとみ
衆道
男娼

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp