エロペディア
「性行為」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■言葉

・ 「性交」「セックス」という言葉を口にすることに抵抗感を持つ人が多く、近年、若い人の間では、より抵抗感の少ない「エッチする」という言葉がよく使われている(エッチの語源は変態(Hentai)もしくは、破廉恥(Harenchi)の頭文字と言われる)。また、単に「シよう」「ヤろう」と言う言葉でも場合によっては性交を意味する場合もある。
・ 夫婦同士による性交は子作りや夫婦の営み、夫婦生活などと言われる。
・ 主に学生の隠語で、A・B・Cという言葉があった。それぞれキス・ペッティング・セックスを意味した。
・ 「まぐわう」(“目交う”から来たという説あり)、「寝る」、「愛し合う」とも。「(異性と)寝る」と言う場合、しばしば性行為を伴う事を意味する。英語でもbedに定冠詞theをつけて“''ベッドへ''行こう”(普通の「もう寝よう」ではなく)と言った場合にこちらの意味になる。また"make love"も元来は「(~に)求愛する」という意味だったが、現在では「(~と)性交する」の意味で使われる場合がほとんどである。
・ 性風俗などで、フェラチオなどの性交類似行為と区別して、性交そのものを「本番」と称する。
・ 本来人間以外に対して使われる「交尾」を俗語として人間の性交の意味をさして使うこともある。
・ インターネットスラングでは「セックス」をもじって、「セックル」「セクース」「セクロス」などと表現される事もある。その他、ベットの軋む音「ギシギシ」と女性の喘ぎ声「アンアン」を合わせ、ギシアンと呼ばれたりもする。
・ 「やる」「する」などの代動詞、指示代名詞の「あれ」(it)が文脈上性交を意味する場合もある。
・ 古くは「枕を交わす」「情を交わす」といった奥ゆかしい言葉もあった。その他「肌を合わせる」「体を重ねる」「抱く」など、性交を示す言葉は数多く存在する。
・ 「聖書」の日本語訳では「知る」と言う言葉が性行為を意味する。「アダムは妻エバを知った(新共同訳聖書 創世記4章1節)」など。
・ 歌謡や文学では「朝を迎える」「夜を越える」等の遠回しな表現も多く用いられる。
・ 日本では未婚の男女間の性行為にラブホテルが用いられることが多いため、男女が性的関係を持つことを婉曲的に「ホテルに行く」と言うことがある。
・ 初めて性交を経験することを男女ともに初体験(はつたいけん、しょたいけん)と呼ぶ。特に断りがなくても、「初体験」という言葉だけで性交のそれをさす事が多い。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性行為とは
概要
性行為のパターン
言葉
生物・生理学的分野
 性交
 性交の体位
社会学・文化人類学的分野
 神話における性交
 性交に関わる民俗
 体位
ライフサイクル
 低年齢での体験
 性被害との関連
 近親者との性的体験
 性交と結婚
 集団生活における性行動
 高齢者の性
その他
 着衣の有無
 セックス時間
 人前での性行為
関連書籍

[5]▲上へ

◆関連ワード


境祥子
奈々子_(ストリッパー)
間宮沙希子
荻野目翔子
小鳩まみ
横山翔子
出張ホストクラブ
プレリュード文庫
紺野美奈子
紺野りさ子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp