エロペディア
「性行為」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■性交に関わる民俗

・ 西日本においてはかつては夜這いという風習があった。夜間、他人の家に押し入り、未婚の女性と性交を行う行為である。複数の男と関係を持った娘が妊娠した場合、その娘は子の父親として若衆宿の好きな男性を指名し、指名された男性はそれを受け入れることが求められた。将来の夫婦(許婚)など双方の家族が暗黙の了解のもとに行っている場合もあった。この習慣により村の団結が強化された。
・ 古くは筆下ろし、水揚げといって年頃になった若者に遊郭で実地の性教育をほどこす風習があったという。13歳など一定の年齢に達した男女に対し、大人が相手をして性教育を教えたとされる。当然、結婚まで処女・童貞を守るという発想はなかった。ただし武士の娘は処女性が求められた。
・ 江戸時代は、男女間の性行為は厳しい規則があった。夫婦関係にない男女間の性交は、不義密通と呼ばれ、「御定書百箇条」では不倫の現場を押さえた夫が、妻と相手の男を殺しても罪にならないとされた。この場合、女性の不貞に対しては厳しい制裁が課せられたが、男性のそれには寛容であったが、相手が人妻の場合は別で、表沙汰にするのは外聞が悪いということで実際には金銭で片を付けることが多かった。刑罰としては数日間晒し者にされて、遠島もしくは江戸所払いなどに処せられた。
・ 西欧では領主が初夜権を持っていたと言われる(結婚した女性と初めて性交するのは新郎ではなく、領主であった)。ただし、この初夜権は、ほとんどの場合、新郎が代価として金銭などを支払うことによって領主から買い取ることが通例となっていたため、実質的には新夫に対する一種の「結婚税」としての性格を持っていたと言える。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性行為とは
概要
性行為のパターン
言葉
生物・生理学的分野
 性交
 性交の体位
社会学・文化人類学的分野
 神話における性交
 性交に関わる民俗
 体位
ライフサイクル
 低年齢での体験
 性被害との関連
 近親者との性的体験
 性交と結婚
 集団生活における性行動
 高齢者の性
その他
 着衣の有無
 セックス時間
 人前での性行為
関連書籍

[5]▲上へ

◆関連ワード


境祥子
奈々子_(ストリッパー)
間宮沙希子
荻野目翔子
小鳩まみ
横山翔子
出張ホストクラブ
プレリュード文庫
紺野美奈子
紺野りさ子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp