エロペディア
「性行為」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■性交と結婚

・ 結婚制度は性交を社会的に管理する役割を持っている。本能のままに行動していては、子の養育などの責務を果たさない者が増加する恐れがあるからである。結婚制度は、夫婦間の結びつきを強め、家族機能を保障するものである。
・ 結婚しているにも関わらず、他の異性と性交をすることを姦通、やや遠まわしに「不倫」と言う。結婚している者が配偶者以外の異性と性交を行った場合、姦通罪に問われる国もある(例:韓国、第2次世界大戦までの日本)。 ただし、韓国の姦通罪は男女共に罰せられるが、日本の旧刑法における姦通罪の場合、罰せられるのは女性のみであった。
・ 夫婦が性交を行う頻度は当然各々違うが、国によっても差異があるようである。Durex社のGlobal Sex Surveyでは、日本人の性交回数は、諸外国と比較すると少ないとされている。近年は、性交がほとんどない夫婦をセックスレス夫婦と呼ぶことも多い。厚生労働省の調査によると、1ヶ月以上性交渉のない夫婦をセックスレスとみなした場合、日本の夫婦のうち、実に32%がセックスレス状態にあるとの事である。ただし、日本の夫婦においては精神的なつながりが希薄との統計的な資料は存在しない。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性行為とは
概要
性行為のパターン
言葉
生物・生理学的分野
 性交
 性交の体位
社会学・文化人類学的分野
 神話における性交
 性交に関わる民俗
 体位
ライフサイクル
 低年齢での体験
 性被害との関連
 近親者との性的体験
 性交と結婚
 集団生活における性行動
 高齢者の性
その他
 着衣の有無
 セックス時間
 人前での性行為
関連書籍

[5]▲上へ

◆関連ワード


境祥子
奈々子_(ストリッパー)
間宮沙希子
荻野目翔子
小鳩まみ
横山翔子
出張ホストクラブ
プレリュード文庫
紺野美奈子
紺野りさ子

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp