エロペディア
「性行為」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■人前での性行為

通常、性行為は自分とパートナー以外の第三者に見つからない場所で行われるが、第三者に見つかるおそれのある場所や、あえて第三者の前で行われる場合もある。(一般には変態性欲の現れとみなされるし、露出狂などと揶揄される場合もある。公然での性行為は、法的には犯罪である。刑法 第23章 第174条 公然猥褻罪参照)

・ 第三者に見つかるおそれのある状況として、自動車内(カーセックス)、公園、山奥、海岸、路上などの野外(青姦)、カラオケボックス、混浴の温泉、会社の倉庫や非常階段などで行う場合が考えられる。この他に自宅であっても第三者が家の内にいる場合も含まれる。
・ あえて第三者の前で行われる状況としては、何らかの金銭目的の場合や、同好の士が集団で行う場合などが考えられる。
ストリップ劇場で「白黒ショー」と称して、男女の出演者(プロ)が性交の様子を見せることがある。あくまでショーであるため、男性は射精をしないという暗黙のルールがある。また「生板ショー」と称し、希望する観客と踊り子に舞台上で性交を行わせることがある。生板の場合、客は避妊具着用のうえで射精してもよい。(昭和47年~昭和60年迄はよく見られたが、昭和60年の新風営法施行により取締りが厳しくなり、現在は都会の劇場では、ほとんど行われていない。)
アダルトビデオの撮影はカメラ・監督・照明・メイクなど数人のスタッフの元で行われる。慣れない男優の場合、うまく勃たないこともある。また、電車の中や公道上など野外で撮影されたアダルトビデオがある。(AV女優の清水あり紗など、現行犯逮捕された事例もある)
・ まれに社会に対する抵抗・抗議などを示すため、公共の場所で行う者もある。
・ 同好の者が集まって、大人数で性行為を行うことがある。(グループセックスを参照)


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

性行為とは
概要
性行為のパターン
言葉
生物・生理学的分野
 性交
 性交の体位
社会学・文化人類学的分野
 神話における性交
 性交に関わる民俗
 体位
ライフサイクル
 低年齢での体験
 性被害との関連
 近親者との性的体験
 性交と結婚
 集団生活における性行動
 高齢者の性
その他
 着衣の有無
 セックス時間
 人前での性行為
関連書籍

[5]▲上へ

◆関連ワード


レインボーチャンネル
星野紗里菜
Rape+2πr
三和出版
ミネルバの剣士
リチャード・パチェコ
プライベート・レッスン
ハリー・リームス
九鬼_(アダルトビデオ)
完全なる飼育

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp