エロペディア
「深夜アニメ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■特徴

深夜アニメ隆盛の礎を築き上げた局であるが、局自体は積極的に制作に関わっているわけではなく基本的には制作会社・スポンサーが放映枠を買い取って放映する作品がほとんどであり他の放送局系列では何らかの形で放送局が制作に関与している作品が大半を占めるが、テレビ東京では放送チェック担当者(「番組担当」とクレジットされる)と番組広報担当者が存在するのみである。一部にはテレビ東京の企画担当者やプロデューサーが参加している作品もあるが、制作委員会のクレジットにはテレビ東京の名前が存在せずその実態は不明である。、UHFアニメに近い制作・放映形態とも言える全く同一という訳ではなく、決定的な相違点は関東圏での放映局が「在京キー局」かつ「全てキー局最速放送(一部例外あり)」という点と、「スタッフに放送する局の局員(番組広報担当)がクレジットされているかいないか」である。。

他局との熾烈な深夜チャンネル占有率争いの重要なコンテンツとして数年前までは放送時間の変更は極力行われないなど優遇を受けていたが、最近は全ネット局で取り組むスポーツ中継・特別番組などで時間を繰り下げることもある月曜日・水曜日・日曜日が特に多く、逆に火曜日は非常に少ない。。

・作品の特徴
主にアニメファン向けの作品を多数放送し続けてきたが、2000年代初頭からは一般向け・中高年向け作品など多彩な傾向の作品も放送する様になった。2006年秋頃からは女性向け作品の放送も増えている。

・放送形態の特徴
深夜アニメと全日帯アニメには放送内容的に一種の「境界線」のようなものが漠然と存在し、深夜アニメの続編が突如早朝の全日帯アニメとして放送するなどの事例は少ないが、テレビ東京ではこの“境界線”が曖昧な傾向が見られ、下記の通り比較的フレキシブルに枠を選定している。

・ 全日帯アニメの続編が深夜帯に放送されるパターン『ハヤテのごとく!!』・『スレイヤーズREVOLUTION』・『スクールランブル二学期』、『ギャラクシーエンジェル』など。なお深夜版『ギャラクシーエンジェル』(第4期)は当初ブロッコリーがメインスポンサーだった全国ネット枠(日曜朝9時30分)で放送予定だったが、『デ・ジ・キャラットにょ』の不振から同社がこの枠のメインスポンサーから外れた際、既にこの枠に別のアニメを放送しており放送を先延ばしにしないための苦肉の策としてこの枠(読売広告社の買い取り枠だった模様)を利用したとの説がある。
・ 深夜アニメの続編が全日帯に放送されるパターン『マリア様がみてる〜春〜』や『魔法先生ネギま!』(第2期:『ネギま!?』)
・ 内容を一部変更し、全日帯と深夜帯の両方で放送されるパターン『ソウルイーター』と『ソウルイーター レイトショー』

深夜帯放映時には先述した様に放映枠買取形式だった作品でも、全日帯放映時にはテレビ東京自ら制作に参加する(逆も同様)。

・放送枠数の現況
近年ではコンテンツ(原作)不足や他系列局やUHF/BS局へ放送をシフトする制作団体増加などの要因により、2007年10月期頃から序々に深夜アニメの放送枠数が減りバラエティ番組枠や通販番組に変更されている。

2009年7月期は月曜枠が全消滅、テレ東深夜アニメ枠は週末(木~日)に集中する傾向がいっそう明確になった。

※2009年4月期は付記2009年4月期は火・水枠が各1つずつ廃止されたが、木曜枠で3年ぶりに完全新作作品が放送され、金曜に枠が1つ増設(26:45枠。2009年7月現在、関東圏の全キー局では再放送を除いて最も放送開始時間が遅い枠)、土曜に1年半ぶりに深夜アニメ枠が復活した。(23:20枠。他の曜日よりも5分短い25分枠(-23:45)ではあるが、民放の深夜アニメでは非常に珍しいテレ東系(6局)と岐阜放送(ぎふチャン)へ同時ネットする枠となっている)を参照。

・その他
・ テレビ東京で放送された深夜アニメはCS放送では同局の関連会社であるAT-Xで初出となる例が多いが、一部例外もある
・ 主な例としては下記のものがある。
** キッズステーション:『魁!!クロマティ高校』(AT-X初出作品が後日同局で放映される例も多い(特にスターチャイルド制作作品))
** アニマックス:『ギャラリーフェイク』『ファンタジックチルドレン』『高橋留美子劇場』『高橋留美子劇場 人魚の森』
** ファミリー劇場:『創聖のアクエリオン』。
・ CS放送に力を注ぐ一方、子会社のBSデジタル放送局・BSジャパンでは深夜アニメを現在2枠しかネットしていない。毎週日曜深夜24:30~テレ東金曜深夜小学館原作作品枠と、2009年7月期に新設された毎週日曜24:00~枠。(現在『化物語』を放送中。これ以外には『鉄人28号』(2004年版。早朝枠にて遅れネットされた)と『かんなぎ』が放送された程度である。
・ かつて一度だけ、系列外であるMBS制作の深夜アニメを放送したことがあった(『フォーチュン・クエストL』)これは旧・東京12チャンネル時代から、現在に至るまでMBSがテレ東の株を所有しており、またMBS腸捻転ネット時代、テレ東が一部の番組を相互にネットしていた(『ヤングおー!おー!』・『大江戸捜査網』等)名残と見られる。。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

深夜アニメとは
概要
解説
 特徴
歴史
 先駆け
 開花への前兆
 「深夜アニメ」と言うジャンルの誕生
 更なる成長
 噴出した様々な弊害とその反動
現在の在京民放キー局の動向
 日本テレビ
  放送時間
  特徴
 TBS
  放送時間
  特徴
  参考・TBS系列局(MBS・CBCほか)
  変則的な放映パターン
 フジテレビ
  放送時間
  特徴
 テレビ朝日
  放送時間
  特徴
  参考・テレ朝系列局(ABC・メ〜テレほか)
 テレビ東京
  放送時間
  特徴
  参考・テレ東系列局(TVO・TVAなど)
深夜アニメの各種問題
 地上波民放の放送エリア・チャンネル数の問題
 放送に関するトラブル
  フジテレビの深夜アニメ迷走劇とその影響
  テレビ朝日の放映トラブル
  深夜アニメ放送トラブルの背景
表現規制
 代表的な例
放送版とパッケージ版の差異
深夜アニメの一覧
余談
関連項目
 放映枠別

[5]▲上へ

◆関連ワード


早瀬ゆかり
真金町
真金町
ノーパン
吊り責め
風船フェティシズム
ゆり&まり
後戯
潮吹き_(アダルト)
BOY+愛2

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp