エロペディア
「深夜アニメ」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■フジテレビの深夜アニメ迷走劇とその影響

・ 2002年頃、フジテレビは深夜アニメの本数を大幅に増やした。しかし特番の放送や、地上デジタルテレビ放送開始に向けての準備工事などの影響で、放送休止時間が通常より長時間となり、その振替のための2話連続放送が半ば常態化し、『Kanon(第1作目)』の最終週に至っては3話連続放送という前代未聞の出来事となったUHFアニメにおいては、『アイドルマスター XENOGLOSSIA』が東海テレビ(THK)での放映予定が急遽キャンセルされ、その代替として中京テレビ(CTV)での放映が決定した際に、他地域とのタイムラグを挽回すべくUHFアニメとしては異例の『2話連続*3日+3話連続*1日』の特別編成を行っている。。
・ 翌2003年には同局の深夜アニメは更に本数が増え、テレビ東京に匹敵するまでになったが、放送スケジュールはそれに比例するかのように更に悪化し、

# 不定期放映(連続放送も含む)
# 一部エピソードの未放送(『R.O.D. -THE TV-』他)
# シリーズ終盤にして放映打ち切り

のいずれかに陥る作品が続出した(複数当て嵌まる作品もある)。

『GAD GUARD』に至っては、納期に間に合わなかった回を局側の判断で急遽前回の再放送に差し替える事例まで出たほどの混乱状態となり読売新聞(2003年5月30日)はこの件を、''当初は5月28日午後4時に納品予定だったが、制作が遅れるなどしたため、放送局に完成作が届いたのは翌日深夜0時35分になった。このため、局の判断で前週分の再放送に踏み切った''と報道した。(この件は直接的には制作会社側の不手際であるが、責任を取らされる形で当時のフジテレビのアニメ担当者が更迭された)、『WOLF'S RAIN』の場合は制作の遅れから地上波では最終話が未放映となったこのような場合、BSフジやフジテレビ721と言った子会社の各衛星放送局に加え、その他にもアニマックスやキッズステーションなどで残った放映分を消化、もしくは初めて全話放映された作品も少なくなかった。。

極め付きの例としては、『ヤミと帽子と本の旅人』が放送開始を目前にしてキャンセルされ、その代替として独立U局(関東地区のみ。それ以外の地域のネット局はMBS・メ〜テレ・その他各地の地方局)で放映された。

その結果、視聴者からの批判を浴びるとともに、アニメ制作会社や広告代理店側からも、こうした同局の放映姿勢を敬遠する動きが見られ、2003年秋頃からフジテレビで放映された深夜アニメの続編を、

・ 関東地区では独立U局放映に切り替え
** 関西・東海地区などでは従来通り、関西テレビ (KTV) ・東海テレビ (THK) をはじめとするFNS系列局でネット(藍より青し)
** 名阪地区でも独立U局で放映(超重神グラヴィオンほか)
・ WOWOWやCSチャンネルに移籍(GIRLSブラボー、フルメタル・パニック!フジテレビでは『フルメタル・パニック?ふもっふ』のみ放映。前作もWOWOWで放映されたことから、実質WOWOWに再移籍という形となる。、GANTZほか)

のは、そんな当時の同局の放映体制の混乱が招いた後遺症とも言え、結果的にUHFアニメの増加要因の一つにまでなり(KTVとTHKでは純然たるUHFアニメ『プレイボール(1st)』以降、一時期を除いて共同でネットするUHFアニメ枠が定着している先述のように『アイドルマスター XENOGLOSSIA』の放映予定がTHKではキャンセルされ、中京テレビで代替ネットされたことで、2007年5月をもって同局からUHFアニメ枠が一時消滅したが、7月より『ひぐらしのなく頃に解』で再開するも(ただし枠や広告代理店の都合などでKTVではなく、サンテレビ(SUN)とKBS京都との組み合わせになった)、京田辺警察官殺害事件の影響で打ち切りとなり、一時期KTV共々UHFアニメ枠が休止状態となっていた。)、更には制作子会社であるポニーキャニオンまでもがTBSやテレビ東京に放映の場を移す事態にまで発展した。

※ここまでの騒動に関する詳細は、別サイト「フジテレビ深夜アニメにおける迷走劇のデータ集」に記されているので、そちらも参照されたい。

こうして2004年に入ると同局の深夜アニメは3本に減少し、同年10月には同局での深夜アニメの放映枠は一旦消滅したが、翌2005年4月には同局が自ら制作に参加して『ノイタミナ』枠を立ち上げ、普段アニメを見ていない女性を中心に一般層向けの作品路線で再スタートした。その後、2005年10月にノイタミナ枠とは別に土曜深夜枠が1つ復活したが、その枠で放送した『蟲師』が編成の都合により地上波放映が打ち切りになった元々最終6話はDVDのみの予定だったが、事前告知は行っていなかった上、地上波放送終了時に『未放送分はBSフジで放送』と発表したことで、地上波でしか見られないファンからは不興を買う結果となってしまった。逆に地上波にて視聴できない地域では、BSフジを通じて終盤だけを先に視聴する格好となってしまった。なお、後日BSフジで改めて全話放送された。こともあり、現在でも未だに同局の深夜アニメ放送体制に不信感を持つアニメファンは少なくない。

なお、『蟲師』放送終了後一旦消滅した土曜深夜枠は2006年10月から復活し、以降はBSフジにも時差ネットしながら継続的に放送している(先述の通り2008年10月期からは水曜深夜枠に移動)。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

深夜アニメとは
概要
解説
 特徴
歴史
 先駆け
 開花への前兆
 「深夜アニメ」と言うジャンルの誕生
 更なる成長
 噴出した様々な弊害とその反動
現在の在京民放キー局の動向
 日本テレビ
  放送時間
  特徴
 TBS
  放送時間
  特徴
  参考・TBS系列局(MBS・CBCほか)
  変則的な放映パターン
 フジテレビ
  放送時間
  特徴
 テレビ朝日
  放送時間
  特徴
  参考・テレ朝系列局(ABC・メ〜テレほか)
 テレビ東京
  放送時間
  特徴
  参考・テレ東系列局(TVO・TVAなど)
深夜アニメの各種問題
 地上波民放の放送エリア・チャンネル数の問題
 放送に関するトラブル
  フジテレビの深夜アニメ迷走劇とその影響
  テレビ朝日の放映トラブル
  深夜アニメ放送トラブルの背景
表現規制
 代表的な例
放送版とパッケージ版の差異
深夜アニメの一覧
余談
関連項目
 放映枠別

[5]▲上へ

◆関連ワード


石黒京香
田中露央沙
石黒沙良
あんどろトリオ
望月六郎_(映画監督)
葉山リカ
若林美保
高野まりえ
小室アリス
酒井ちなみ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp