エロペディア
「男娼」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■西欧


西欧では、中世においては娼婦を置いた娼館が公然と存在したが、男娼館はそれほど公然とはしていなかった。しかし、ルネッサンスから近世にかけると、イタリアの自由都市においては、多数の男娼が外国人の客を迎え、豪華な男娼館も存在した。

近代以降になると、ロンドンやパリなどの大都市では、同性愛者の需要に応えるべく、男娼のネットワークができ、男娼を摘発しようとする警察とネットワーク組織のあいだで隠然としたやりとりが行われた。しかし、危険を冒すことなく男娼を手に入れたければ、南国イタリアが、外国人を歓迎して男娼を用意していた。その中には幼い少年もおり、去勢して中性的な容姿の男娼をつくることが行われた。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

男娼とは
概説
歴史的な概観
 日本
 古代ギリシア・ローマ
 西欧
 インド
 アラブ・ペルシア
近年の男娼
 ボーイ
 問題点
男娼が登場する作品

[5]▲上へ

◆関連ワード


MILF_(スラング)
いずみ彩
Gスポット
観月麗華
灘ジュン
二宮亜季
村上涼子
水原かのん
ゲームス
ユーリア・ノーバ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp