エロペディア
「窃視」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■有効な[[同意]]のある窃視

*性風俗営業による窃視でない場合でも、犯罪行為とならない場合がある。前述のように、窃視が犯罪行為となるのは、被害者のプライバシーや性的自由・社会の善良な風俗を侵害するからであり、被害者がこれらを放棄したり社会の善良な風俗を侵害しない場合には、犯罪行為とならない。

例えば、数人のみが住む会社の寮において男女で浴場が共用されており、被害女性が脱衣所で脱衣している様子を窃視したが、被害女性が予め「脱ぐところを見ても良い」と言っていた場合が考えられる。この場合は、特定の集団内であり社会の風俗は侵害しないし、被害者がプライバシー等を放棄しているからである。

しかし、被害者がプライバシーや性的自由を放棄したといえるためには、有効な同意が必要である。被害者が窃視の意義や同意したことによってどのような効果があるのかを理解しないままに、同意したとしても有効な同意とはいえない。例えば、3歳の男児に「おしっこする所をみせて欲しい」と話しかけて同意を得た上で、男児に触れることなく排尿行為を窃視したとしても、男児が有効な同意をしたとはいえないと考えられる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

窃視とは
意義
犯罪構成要件としての窃視
 軽犯罪法における窃視
 各都道府県条例における窃視
 他の犯罪の可能性
犯罪に当たらない窃視
 [[性風俗]]営業における窃視(詳細は[[のぞき部屋]]参照)
 [[救急車]]内における窃視
 有効な[[同意]]のある窃視
疾患としての窃視
疾患に当たらない窃視
窃視の主体
窃視のされ方
 窃視の目的の多様性
  窃視した事が他人に知れることを避ける目的での窃視
  いやがらせ目的
  防犯・不正行為管理目的
  わいせつ目的
  わいせつ物販売目的
各都道府県における迷惑防止条例

[5]▲上へ

◆関連ワード


彩花
福沢あや
吉村彩
綾瀬麻理
麻吹亜美
杏美月
朝丘まみ
ジューシーハニー
白井綾
高原彩

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp