エロペディア
「窃視」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■わいせつ物販売目的

上記わいせつ目的の者を対象にそれらを撮影・録画したものを販売する目的で窃視する場合がある。これらは通常盗撮装置を用いて記憶媒体に記録され、それ自体やその写しを販売する形で行われる。また、それらは個人として行われる場合もあるが、団体や法人が行う場合が多い。

上記わいせつ目的の窃視の場所における類型では、トイレでの盗撮をはじめ、住居居室から医療機関にいたるまであらゆる場所でなされる。特に、トイレ・更衣室等・浴場等・商業施設等・医療機関等では、自己が管理する場所で盗撮装置を設置しても(撮影行為はともかくとして)設置行為自体は違法とはされない場合になされることが多い。すなわち、それらの場所に侵入する権利をもつ者が、窃視装置を設置することが多い。例えば、学校の女子更衣室にその学校の男性教員が盗撮装置を設置したり、会社の女子トイレにその会社の女性が盗撮装置を設置したり、泌尿器科医師が包茎手術の手術室に装置を設置する場合である。

これらの動機は、盗撮が記憶された媒体等を販売することで、金銭的満足を得ることにある。また、場合によってはそれらの媒体を記録することが困難で希少なものである場合、それらを欲しがるものへの優越感から、より希少なものを記録しようと盗撮に及ぶものもあろう。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

窃視とは
意義
犯罪構成要件としての窃視
 軽犯罪法における窃視
 各都道府県条例における窃視
 他の犯罪の可能性
犯罪に当たらない窃視
 [[性風俗]]営業における窃視(詳細は[[のぞき部屋]]参照)
 [[救急車]]内における窃視
 有効な[[同意]]のある窃視
疾患としての窃視
疾患に当たらない窃視
窃視の主体
窃視のされ方
 窃視の目的の多様性
  窃視した事が他人に知れることを避ける目的での窃視
  いやがらせ目的
  防犯・不正行為管理目的
  わいせつ目的
  わいせつ物販売目的
各都道府県における迷惑防止条例

[5]▲上へ

◆関連ワード


アダルトゲームと表現の規制
カジー風間
グリーンドア
ミートボール吉野
トコロテン_(アダルト)
マジックミラー号
パンチ_(AV監督)
O嬢の物語_(映画)
後藤ちま
初嬢

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp