エロペディア
「素股」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■男性から見た素股の方法


陰茎の摩擦
  素股による性感を陰茎に及ぼすには、多くの場合摩擦行為が必要となる。
  陰茎に効率よく摩擦を生じさせるためには、女性の股に陰茎を挟むことが一般的である。女性の股に陰茎を挟む方法としては、女性が仰向けになって横になり男性が覆いかぶさる態勢になり陰茎を女性の股に挟む場合(いわゆる伸展位、しがらみ)と、女性が四つんばいになり男性が後ろから女性の股に挟む場合(いわゆる後背位、浮き橋)、さらには女性が横向きになって横になり男性が地面と水平の状態で女性の股に挟む場合(松葉崩し)など、陰茎に挿入した態勢に準じて考えることが出来る。
  潤滑剤には、愛液や唾液、ローションと呼ばれるものが一般的である。特に勃起状態で敏感な粘膜質の肌を直接女性の股で摩擦すると、不快感を及ぼす可能性が高い。そこで、陰茎や摩擦する女性の体の部分に潤滑剤を塗布しておけば、抵抗を弱めることが出来、快感を得る事が出来る。

・性的快感
  陰茎の摩擦によって、陰茎には性的快感をもたらす。性的快感によって、陰茎の勃起の程度が高まったり、陰茎の先端部にある尿道口から精液がにじみでてくる。また、この性的快感が最高潮になった時点で、後述の射精が生じる場合が多い。
射精・性的満足
  素股による摩擦行為によって性的快感が高まったとき、陰茎先端部の尿道口から精液が放出される。
  妊娠を望まない場合は膣口から陰茎を離して射精することで妊娠のリスクを抑えることができる。
  また男性は、そのまま正常位の場合はそのまま射精すれば腹射となり、例えば、女性の乳房の上や顔、陰毛、自らの体などに精液を放出することもでき、男性の性的充足感は高い。とはいえ、相手方の女性にとって不本意な部分に放出することは避けることが望ましいと考えられる。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

素股とは
男性女性間の素股行為
 
  男性から見た素股の方法
  女性から見た素股の方法
 陰茎を膣に挿入できない事情
女性同士の素股
男性同士の素股

[5]▲上へ

◆関連ワード


ペドフィリア
大邱小学生集団性暴行事件
やおい
張形
ボクの番台さん
イスラーム世界の少年愛
Bejean
ラバーフェティシズム
尿道球腺液
野郎

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp