エロペディア
「緊縛」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■文化的背景

日本では手錠の発達が乏しかったこともあり、江戸時代の罪人の拘束はもっぱら縄が用いられていた。そのため捕縄術が発達し、如何にすれば囚人が死なずにまた、暴れないかという研究が必要になった、当時の刑罰には市中引き回しという公開処刑である晒し刑があったためである。身体の自由を奪い逃げられない状態にする技術は必要とされた技術であった。

捕縄術が進歩するに従い、他の技術同様内容が高度に細分化されていくこととなった。その例として罪人を縛り上げるときには身分や性別、年齢の違いによって結び目の結び方が異なる、縄の通し方が違うなど縛り方に細かいルールが存在する。これは茶の湯(茶道)や生花(華道)あるいは日本武術、武道などのように動きに美麗を求める日本人独特の感性と、江戸時代という身分固定が(それなりにゆとりがあったとは言え)完成された時代背景・環境が生み出した必然的とも呼べる技術体系である。
ただし、時代劇等では時代考証不足で罪を犯した武家と町民の縛り方が同じである。


明治維新以降の錦絵で緊縛された女性の絵があらわれ、美しい女囚が、縛り上げられた姿に性的興奮を覚えるという嗜好が公になったのは伊藤晴雨の責め絵からとされているが、それを好む人々が決して少なくなかったのは事実である。

そして近年、性的な表現の幅が広がるとともに、セクシャルなプレイの一環として、緊縛が幅広く取り入れられるようになる。
アダルト業界で、受身の者を緊縛し調教することを生業としている者を緊縛師・調教師と呼ぶ。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

緊縛とは
文化的背景
縛りの技術
縛る縄
主な縛り方
 上半身(主に腕)主体の縛り方
 全身の縛り方
緊縛の鑑賞
 着衣の有無
 性器の描写
 緊縛重視か責め重視か
 責めの内容
関連人物

[5]▲上へ

◆関連ワード


穂花
鮎川なお
膣口
ウェット&メッシー
処女
ヌカロク
裸靴下
バター犬
ノーパンしゃぶしゃぶ
パイパン

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp