エロペディア
「脱衣麻雀」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■解説

初期のコンピュータ麻雀ゲームは、単純にコンピュータと対戦するだけのものであり、特に業務用では勝てばゲームが延長され、負ければそこでゲームが終わるという、至極簡単なものであった。
また、思考アルゴリズムもお粗末なものであったため、コンピュータ側はほぼ例外なくイカサマをしていた。
このような麻雀ゲームは主にサラリーマンの暇つぶしに使われ、登場直後は大きな人気を得たものの、その人気が長く持続することはなかった。
プレイヤーに継続して硬貨を投入させるためには、麻雀以外にもプレイヤーを惹きつける魅力が必要であったことから、脱衣麻雀というシステムが誕生した。
着想の原点は、初期のパソコン用アダルトゲームとして存在した、野球拳と類似する。

脱衣麻雀はその多くが二人打ち形式であり、対戦相手が女性であることが多い。
脱衣の形式は大別すると、プレイヤーが和了するごとに相手が少しずつ衣服を脱ぎ捨てるものと、相手の持ち点がなくなると脱衣シーンとなるものの二種類がある。
一枚ずつ脱いでいく形式では、コンピュータ側が和了すると相手が1枚服を着るものや、全ての衣服を着た状態に戻ってしまうものもある。
更に両方の形式を併用し、和了すると少しずつ脱衣していき規定回数を和了するか、途中で相手の持ち点がなくなると最終脱衣シーンまで展開する脱衣麻雀も存在する。
いずれの形式でも、プレイヤーの持ち点がマイナスになると、ゲーム終了となる。

脱衣麻雀も、初期の麻雀ゲームと同じくインカムを稼ぐための「イカサマ」をしているものが非常に多く、作品によってはコンピューター側が頻繁に役満を上がるものも存在し、クレジット投入後、コンピュータが親だった場合『天和』で上がられて即ゲームオーバーになるパターンもあった。後にこの「コンピュータ側のイカサマ」を逆手に取り、「プレイヤー側はアイテムを使うとイカサマ技が使える」というゲームシステムを持つ作品も登場した。

表示される女性の画像は、CGによるものと実写画像を使用するものがある。
CGを使用したものには、アニメ調のものと写実的なものがあり、写実的なものについては実在のアイドルや女優などに似せたものも存在する。
アニメ調のものについては、キャラクターデザインや原画を著名な漫画家やアニメーターが担当しているものも多い。
実写画像を使用しているものでは、写真をスキャナーで取り込むなどした静止画像を使用しているものと、ビデオやDVDなどの映像を流すようにしたものが存在する。
ビデオ映像を利用したものについては、既存のアダルトビデオの類を流用したものと、ゲーム用に撮り下ろしたものを使用したものがある。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

脱衣麻雀とは
解説
脱衣麻雀の歴史
 黎明期
 発展期
 転換期
 衰退期
その他

[5]▲上へ

◆関連ワード


富永ルナ
麻木マキ
ザ・爆乳
榊彩弥
吉川エミリー
七瀬たまき
まりりん
大澤恵
藤原さおり
結城かのん

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp