エロペディア
「萌え属性」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■萌え属性の概念

萌えを感じる「ファンの特性」を表す場合、「彼はツインテール(の女の子)に萌える」ということを「彼にはツインテール属性がある」のように表現し、各々の好み(属性)を区別するある種の「識別タグ」に準じたものとして使用される。また、萌えの対象となる「キャラクターの性質や特徴」を表す場合は萌え要素とも呼ばれ、「ウィキペたんはメイドと幼女の属性を併せ持っている」のように用いられる。

何に「萌え」を感じるかは各人の価値観によって左右されるため「萌え」の適用範囲は広く、その対象の特徴である個々の「萌え属性」もまた多彩である。結果的にほとんど全ての要素・特徴などが「属性」として適用され、その正確な数を挙げることは事実上不可能とも言える。ただし、「萌え属性」として挙げられる特徴・属性を持てば、その対象に「萌え」るといった単純なものではなく、組み合わせによる外見的な相性や、ファンやユーザーの好みが分かれるという点についても注意を要する。例えば、「メイド」なら何でも萌えるのかと言えばそうではなく、職業としての「メイド」に対する属性なのか、あるいは「メイド服」に対する属性なのか、逆に、メイドに対して強い嫌悪感を抱くユーザーもいるように、ファンやユーザーの好みによってその「属性」の中身や方向性が左右されるように、同じものでも細分化すればきりがないとも言える。

なお、萌え属性の中でも特に定義しがたい“流行”の1つとして、現実にも存在するゴスロリ(ゴシックロリータ)というジャンルがある。この「ゴスロリ」は未だ定義が曖昧であり、発展途上の段階にありながらも国際的に広まりつつあるが、オタク同士の間でも単に外見にフリルの沢山付いた、あるいはそれを連想させる服という意味で使われることが多いだけでなく、日本では「メイド服(コスプレ衣装)」と混同される場合も多く、萌え属性に挙げるオタクと現実の愛好家との間での確執が大きい。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

萌え属性とは
萌え属性の概念
代表的な萌え属性
 対人関係における「萌え属性」
  妹萌え
  姉萌え
  兄萌え
  ショタ萌え・弟萌え
  人妻萌え
  娘(息子)萌え・ママ萌え
 対人関係以外の「萌え属性」
  人形萌え
  ロボット萌え
  メイド萌え

[5]▲上へ

◆関連ワード


ラブ・ランド
もっと桃っ娘
実話誌
暗室_(映画)
牧本千幸

乳房
エッチ
早瀬ゆかり
真金町

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp