エロペディア
「萌え属性」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■ショタ萌え・弟萌え

「弟(的存在)」を含め、年下の少年に対して性的関心を抱く性向のこと。ショタコンと同義。ボーイズラブやアダルトゲーム(ショタゲー)によく見られる。また、女装した少年や女性的な少年に対して萌えを抱く場合がある。主に女性に多く見られるが、ショタ萌えはBLの一種として書かれることが多く、それ故にハードゲイ(同性愛)と間違われる事が多いため、一般に受けがよいとは言えない。イベントなどでショタ萌えに関する催しをしようとしても断られる事も多い。

「弟萌え」の場合、妹萌えブームの影響を受けていると見られており、対象となるキャラクターも、保護欲や母性本能を刺激する「妹のような、中性的で気が弱い弟」的キャラクターであることが特徴的とされる点からも、先述の「妹萌え」と共通する部分は多いが、「年下の少年(=弟)に対して性的関心を抱く性向」という点から、ショタ萌えの一種の変形・派生型とも考える人も多い。アダルトゲームの『恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐHしちゃうの』に登場する志木秋巳が代表的な「弟萌え」の対象キャラとして挙げられている。また、寺山修司の著書『世界はおとうとのために』などでもこういった感性について描かれている。また、女性に限らず、男性が使用したケースも少数ながら見受けられる。

先述の「兄萌え」と同様に、同意語としてブラザーコンプレックスが挙げられる。

「ショタ萌え」はボーイズラブの一種(派生型)として女性を中心にそれなりの人気があるものの、「弟萌え」についてはこの題材を扱っている作品はまだ少なく、流行として扱うにはまだ不十分とする否定的な見方もある。2004年に開催されたイベント「妹祭り」の中で本田透は「5年後には弟ブームが来る!」と宣言しているが、男性が圧倒的多数を占めるアキバ系文化の中ではショタコンやボーイズラブを敬遠するユーザーも多く、弟ブームは来ないだろうとする否定的な見方や、仮にブームが来るとしても、ショタコンやボーイズラブの傾向があるごく一部のユーザーに限定された、小規模なものに留まるだろうとする見方もある。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

萌え属性とは
萌え属性の概念
代表的な萌え属性
 対人関係における「萌え属性」
  妹萌え
  姉萌え
  兄萌え
  ショタ萌え・弟萌え
  人妻萌え
  娘(息子)萌え・ママ萌え
 対人関係以外の「萌え属性」
  人形萌え
  ロボット萌え
  メイド萌え

[5]▲上へ

◆関連ワード


ラブ・ランド
もっと桃っ娘
実話誌
暗室_(映画)
牧本千幸

乳房
エッチ
早瀬ゆかり
真金町

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp