エロペディア
「萌え属性」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■人形萌え

2004年に、人形を主題としたアニメ『ローゼンメイデン』が放映されたことで、「人形萌え」として脚光を浴びることになった、新しいジャンルと言える。ギリシャ神話に登場するピュグマリオンが「人形萌え」のルーツだとされる。ピグマリオンコンプレックス(ピュグマリオニズム)という用語もある。

理想の異性像を追求するあまり、理想と現実とのギャップに幻滅することで、現実の人間に対する恋愛感情そのものが希薄になり、自らの理想像を人形に投影・再現することによって擬似的な恋愛感情を継続させようとする傾向だと言えるが、この「人形萌え」に関してはフィギュア嗜好との関連性も示唆されており、先述の『ローゼンメイデン』の例にも見られるように、二次元としての萌えが一旦フィギュアやカスタマイズドールの形で立体化された後二次元に逆輸入の形で持ち込まれたものではないかとする見方もある。

吉野の奥山に庵を編んで独り暮らしていた西行が人恋しさに絶えかねて、自ら人形を作成したという伝承もある。また、滝沢聖峰の漫画「安部窪教授の理不尽な講義」でもピュグマリオニズムを題材にしたエピソードが描かれているが、このエピソードでは「オタクのフィギュア嗜好(人形萌え)とピュグマリオニズムは次元が違う」と一蹴されている。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

萌え属性とは
萌え属性の概念
代表的な萌え属性
 対人関係における「萌え属性」
  妹萌え
  姉萌え
  兄萌え
  ショタ萌え・弟萌え
  人妻萌え
  娘(息子)萌え・ママ萌え
 対人関係以外の「萌え属性」
  人形萌え
  ロボット萌え
  メイド萌え

[5]▲上へ

◆関連ワード


逆ソープ天国
イ・モーディ
そあら
ソドムの市
まんこ
空のイノセント
橘真央
セキレイ_(漫画)
僧衣を脱ぐ日
師走の翁

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp