エロペディア
「蛸と海女」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■蛸と海女とは

『蛸と海女』は葛飾北斎による1820年頃の艶本『喜能会之故真通』(きのえのこまつ)の中の木版画の一枚。この絵では一人の女性が2匹のタコから性的快楽を受けている。小蛸の方からは口吸い(接吻)を受け、大蛸は彼女にクンニリングスしている。アニミズムと性への戯れが北斎により融合された作品である。

  [6]次へ 
◆目次

蛸と海女とは
台詞

[5]▲上へ

◆関連ワード


暗室_(映画)
牧本千幸

乳房
エッチ
早瀬ゆかり
真金町
真金町
ノーパン
吊り責め

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2018 eropedia.jp