エロペディア
「貞操帯」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■衛生面

貞操帯は長時間着用することが前提のため、着用したまま入浴や排泄が可能な構造となっている。博物館に残る実物には肛門にあたる板の部分に穴が開けられており、その穴は星型などとがった円を持つ。すなわち不心得者が指などを挿入しようとしてもぎざぎざになっている縁で傷つけられるようになっている。しかしそのため着用したまま排便をした場合はうまく清拭ができないという可能性を含んでいる。また、排尿に関しても先述の自慰防止板が網のようなものであった場合は尿が貞操帯の内側に残り非常に不快になると言える。尿や便の残滓は皮膚の爛れや性器周辺の雑菌の繁殖を促すため衛生的に問題があるとする説もある。
また、皮膚に直接金属が触れる構造になっているものは長時間の着用で皮膚を傷める場合がある。着用したまま入浴した場合はなおさらである。表皮を傷つけても着用を続けた場合、金属アレルギーを起こす可能性がある。


貞操管理
施錠機構
男性用貞操帯の特殊な構造
オプション

[4]前へ [6]次へ 
◆目次

貞操帯とは
歴史
構造
現代の貞操帯
衛生面
 貞操管理
 施錠機構
 男性用貞操帯の特殊な構造
 オプション
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


七海
沢尻アヤカ
桜井春
エドゥアール=アンリ・アヴリル
ビリー・ヘリントン
マリー・フォルサ
熟女_(アダルトビデオ)
巨乳
巨乳ハンター
黄金咲ちひろ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp