エロペディア
「都市伝説一覧」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■著名人

・くぅちゃん死亡説
  消費者金融「アイフル」のCMに出演していたチワワのくぅちゃんが死んだという噂。その後の続編に出演しているのは別の犬で、発覚しないように出演時間も若干少なくしている、と続く場合も。
  この噂は、写真週刊誌が、当時このCMの影響で流行していたチワワをペットショップで購入したが、すぐに病死してしまったという記事を載せた際、その見出しを「くぅちゃんが死んじゃった」とした為に起きた誤解であると考えられる。また、彼女の妹にあたる犬が、犬種品評会でモノのように扱われていた映像が流れたことから、彼女も業界に酷使されたのでは、と考えられた可能性も。いずれにしても消費者金融業についての悪いイメージがもたらした都市伝説であると言えよう。
  彼女はCM降板後の2006年に雄雌双子の子供を産み、親子写真集も発売された。
  なお、ほねっこ(サンライズ)のゴン太は、1歳を目前に撮影された1993年のCMから、画面でも白毛が目立つようになった2004年のCMまで、同じ1頭のラブラドール・レトリバーで撮り続けられてきた。この偉業は、逆の意味で伝説だと言えよう。
・なめ猫
  ツッパリ学生に模した子猫キャラクターが1980年代にヒットしたが、猫を直立させる為に尻から割り箸を差し込んだ、または針金を体内に埋め込んだという説が囁かれた。実際には衣装に仕掛けがあり、猫の体に負担をかけずに撮影した。
・東郷ビール
  フィンランドには日露戦争の英雄である東郷平八郎を記念した「東郷ビール」がある、というもの。東郷をラベルにあしらったビールは実在するが、「提督シリーズ」の1つにすぎない。
 
・アインシュタインの予言
  近代日本の驚異的発展や天皇制を賞賛し、「来たるべき世界政府の盟主は日本が担うことになるであろう」、「日本が存在することを神に感謝する」と述べている、というもの。偽書説も存在する。
・フロッピーディスクの発明者はドクター中松
  実際の開発者はIBM社。
 
・鳥山明ロード
  漫画家の鳥山明が、原稿の受け渡しに不便な地元愛知県から東京への引越しを考えていると知った地元行政が、彼から得る莫大な税収を守る為、鳥山邸から名古屋飛行場までの直通道路を作った、というもの。実際にはそんな道路は存在せず、それどころか逆に鳥山は担当編集者に「原稿が間に合わなかったら東京に出て来てもらう」と言われ、東京に行きたくない一心で週刊連載を続けていた。
・高橋名人逮捕
  ファミコン名人として知られた彼の「ボタン秒間16連射」は、コントローラーに仕込んだバネによるトリックで、それが詐欺に問われ逮捕された、というもの。
 
・荒木飛呂彦は年取らない
  漫画家である荒木飛呂彦は年を取らない、不死身である、スタンド「ザ・ワールド(時間停止能力)」の使い手である、というもの。
・空知英秋は未来人
  同じく漫画家である空知英秋は未来人であり銀魂のなかで未来に関するキーワードを書き込んでいるというもの。
飯島愛の死を予言した占い師
  あるTV番組で飯島愛が台湾の占い師に「あなたはあと3、4年後一人寂しく死んでしまう」と言われたと言うもの。
・脳味噌
  ある女性歌手が飛び降り自殺をした際、偶然現場に居合わせたファンが脳の断片を持ち帰ってしまった、というもの(その場で食べてしまったとの説も)。また、たまたま現場に居合わせ、写真を撮ったカメラマンが後日に変死したと続く場合も。
・事故死の裏に
  ある女性歌手が転落死した病院のらせん階段は、これまで多くの患者が事故死している場所で、そのほとんどが彼女と同じ市の出身であり、彼女はその亡霊達に引きこまれたのだ、との噂。
・頭蓋骨を欲しがる者
  宮川大助(宮川大助・花子)の頭蓋骨は、人類史上稀な巨大さなので、とある医療研究機関が、死後標本として欲しがっている、と言うもの。
・アイドルの醜聞
  ある女性アイドルが、空港の金属探知機に引っかかり、調べた結果、バイブが出てきた、というもの。
・『東京フレンドパーク』のズラクラッシュ事件
  ゲストの俳優がアトラクション「ウォールクラッシュ」に挑んだが、ジャンプ後壁面にカツラが引っ掛かり外れてしまった為、スタッフは観客全員に緘口令を敷き、観客を入れ替え収録し直したと、いうもの。
  1999年頃からチェーンメールでこの噂が流れ(証拠写真と称されるものが添付された例も)、さらに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で松本人志がトークのネタにしたことで一躍広がった。その後タレントの所属事務所が「本人は、これまで同番組に出演したことはない」とコメント、この噂は自然消滅していった。
  そもそも、ウォールクラッシュは、安全面から壁側にループ起毛の面、服側にフック起毛の面が張られており、壁のループ面にかつらが引っ掛かることは物理的にあり得ない。俳優本人のかつら疑惑に「いかにも」な信憑性を植えつける為に生まれた噂であろう。
・クイズ番組を潰した女優
  1990年代半ば頃、某女優がクイズ番組に出演した際、「日本国民の三大義務は教育・納税と?」という問いに「子作り」と答えるなど、余りに酷い回答を連発した為、「放送に耐えられない。彼女ばかりでなく芸能人全体の名誉が損なわれてしまう」と、番組自体がお蔵入りになった、というもの。余談であるが、現在では『クイズ!ヘキサゴンII』などのクイズ番組で的外れな回答をするいわゆるおバカタレントによる珍回答を面白おかしくいじる演出が珍しくなく、この噂の元となった番組名や女優も不明な為、信憑性は高くない。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

都市伝説一覧とは
都市伝説概要
 迷信や誤解に由来する都市伝説
 医学・心理学
 生物
 自然現象
 犯罪
 国家・政治・軍事
 歴史
 交通
  道路
  鉄道
  航空
 UFO、宇宙人
 教育、学問、職業
  アルバイト
  就職活動
  試験
 企業、商品、サービス
 食品・飲料
 テクノロジー
 放送・メディア・芸能
 著名人
  同一人物説
  故人との遭遇、故人生存説
  死亡説・非実在説
  幽霊の出現
 スポーツ
 文化
 怪談都市伝説
 ジョーク的な都市伝説
  意図的なジョークや創作物が都市伝説化したもの
 性に関する都市伝説
都市伝説とされたことのある事実
事実となった都市伝説
参考文献
脚注
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


唯川純
薔薇族かくれんぼ
紅音ほたる
ゲイ向け風俗店
笑福亭鶴光のオールナイトニッポン
後藤沙貴
美穂由紀
水野ひかり
日高ゆりあ
桐島千沙

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp