エロペディア
「陰間茶屋」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■陰間茶屋とは

喜多川歌麿『歌まくら』より|thumb
陰間茶屋(かげまちゃや)とは江戸時代中期、元禄年間ごろに成立した陰間が売春をする居酒屋・料理屋・傾城屋の類。  

元来は陰間とは歌舞伎における女形(女役)の修行中の舞台に立つことがない(陰の間の)少年を指し、男性と性的関係を持つことは女形としての修行の一環と考えられていた。
陰間茶屋は当初芝居小屋と併設されていたが、次第に男色目的に特化した陰間茶屋が増えていった。

江戸で特に陰間茶屋が集まっていた場所に東叡山喜見院の所轄であり女色を禁じられた僧侶の多かった本郷の湯島天神門前町や、芝居小屋の多かった日本橋の芳町(葭町)がある。また京都では宮川町、大阪では道頓堀が有名だった。京阪など上方では専ら「若衆茶屋」と称した。

江戸においては、上方から下ってきた者が、物腰が柔らかく上品であったため喜ばれた。

料金は非常に高額であり、庶民に手の出せるものではなかった。平賀源内の『男色細見』によれば一刻(2時間)で1分(4分の1両)、一日買い切りで3両、外に連れ出すときは1両3分~2両がかかった。ちなみに江戸中期における1両は現在の5~10万円相当とされる。

主な客は金銭に余裕のある武家、商人、僧侶の他、女の場合は御殿女中や富裕な商家などの後家(未亡人)が主だった。

かけまちやや
かけまちやや

  
◆目次

陰間茶屋とは

[5]▲上へ

◆関連ワード


相川奈々
来栖りお
菊原まどか
斉藤唯
Marin.
立原友香
宝来みゆき
今野由愛
leaf,key掲示板
かわいさとみ

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp