エロペディア
「SM_(性風俗)」
[1]目次 [2]関連ワード
[0]トップ
■SMを扱った作品を書く作家

海外の作家ではマルキ・ド・サドが、著名。
数々の小説作品(『悪徳の栄え』、『ソドム百二十日』など)を発表し、またSM行為を実践し投獄されている。

日本においては、推理小説家の江戸川乱歩はいくつかの作品中でSMを描いた。名探偵・明智小五郎の初登場作である『D坂の殺人事件』にもSMプレイについての記述がある。また谷崎潤一郎も『少年』などの作でSMを描いている。沼正三の「家畜人ヤプー」も忘れてはいけない。またSMの大御所的作家としては『花と蛇』の作者の団鬼六がいる。また画家の伊藤晴雨は数多くの責め絵と呼ばれる春画を残した。


[4]前へ [6]次へ 
◆目次

SM_(性風俗)とは
概要
 語源
 拡大解釈
行為
SMを扱った作品を書く作家
SMを扱った文学作品・映像作品など
SMの行為をサービスとして提供する性風俗店
SMを芸風にしているタレント
関連項目

[5]▲上へ

◆関連ワード


寝取られ
観月マリ
水谷ケイ
夢野ひなた
中村遊郭
痴女
膣痙攣
南新地
尺八_(隠語)
松田ちゆり

[5]▲上へ

検索:
[5]▲上へ
[1]目次
[2]関連ワード
[0]トップへ
(C) 2017 eropedia.jp